我々は、皆様の身体の不調を取り除くため、あらゆる手段を駆使して、問題解決に尽力しています。

その礎にあるのは、「人間は自己修復力を持っていて、いつも元通りの状態になろうとしている。」という考えです。

 

例えば、階段で足をぶつけて痣ができてしまった。

しかし放っておけば痣は薄くなり、いつの間にか消えていきます。

これが自己修復力というものですが、この力は、我々が気づかない、身体の至る所で同じ現象を起こしています。

なので、癌や進行性のウィルス等を除けば、あらゆる体の不調は、時と共に快方へと向かうのです。

では、外反母趾を始め、膝や肩腰などの痛みに、長い間悩まされる方が多いのはなぜでしょうか。それは、できた痣を常に叩き続けているように、人間の持つ自己修復力を超えた重荷を、疾患部に与え続けているという事実に他なりません。

高血圧で食事制限されているのにかかわらず、塩辛いものを摂取し続けているようなものです。

同じように、足肩腰等の整形外科的な悩みでみると、身体にとって無理のかかる歩き姿、立ち姿の癖を身につけてしまっているということなのです。

 

そこで「なるほど!」と思う方と「普段の生活から立ち姿や歩き姿は意識しているけど」という方がいらっしゃいます。

しかし、その意識している適切な立ち姿、歩き姿というのはどこで習ったのでしょうか?

正解を知らないのに、適切な姿を意識できないでしょう。

 

そこで多くの方は、いつも気を付けていた事は、テレビやインターネットから仕入れた知識、もしくは自分の感覚で良さそうだから、という不明瞭なものから作られてきているとわかります。

しかしテレビの知識は、企業やメディアの利権によって大きく左右された偏った意見。

また、インターネットは発信元のわからない、不確かな意見がほとんどです。

その中から間違った知識を選んで、一生懸命取り組んだとしても、その努力はより一層悪い習慣として、あなたの身体を良くない状態へ持っていき、負のスパイラルへ陥れます。これが長く不調を抱える要因です。

中でも、歩行動作というのは改めて学ぶ機会は、ほぼありません。

あったとしても美しさにフォーカスした、モデルの養成所くらいでしょうか。

 

なので、外反母趾を始め、足のお悩みを長年抱えている方が多いのです。

お気づきのように、足に関する長年の悩みから真に解放されるには、今までの悪い歩き方の癖を断ち切る事が必須なのです。

そこで我々の協会は、足の医学の最先端であるアメリカの足病理論、生体構造力学から独自のメソッドを構築。

加えて効率の良い習得、指導法を取り入れた、改善プログラムを広めることに力を注ぎました。

 

この改善プログラムは

① 今現在の身体の不調を整える整体施術

② その整ったコンディションを継続していくための生活習慣指導

この2つを核に、皆さんの抱える不調を根元から解決する、パートナーとして支援していきます。