外反母趾の方は足の指を拡げようとしていませんか?

こんにちは足の専門家堺野俊希です。

外反母趾は足の病気として有名ですが

外反母趾の方もそうでない方も、もし自分の足が外反母趾だった場合

最初に何をしますか?

特に何も考えずに親指を外に引っ張って親指の付け根がまっすぐになるようにしたくなる方が

多いと思います。

そこから下の写真のように指の間に物を挟んで指の間をとにかく広げようとしたり

外反母趾グッズ

 

またはテレビや雑誌などの影響で指を引っ張る運動をしてみたり

とにかく指を広げる事を必死でやってしまう方が多いです。

しかしこれらの行為は外反母趾にとって逆効果であることはご存じでしたでしょうか?

まずはこちらの動画をご覧ください

このように本来足は締まった固い形と、緩んだ柔らかい形を交互に使うことによって正しい使い方と言えます。

なので指の間を拡げれば拡げるほど足は緩み外反母趾は悪化していきます。

シンプルに考えるなら外反母趾の足の治り方を知ればいかに指を拡げる事が良くないことがわかります。

下の図を見てください。真ん中の足が外反母趾の足です。

そこから足の親指を外に引っ張ると右の図のような足になります。

はたしてこれが元の足なのでしょうか。そう聞かれるとそうですと答える方はいないはずです。

正解は左の図の足が正常な足の形です。

(引用:ネイティブウォーキング協会)

このように外反母趾は親指の位置が変わって治るのではなく親指の付け根が人差し指側に寄るようにして戻ります。

なので足の指を拡げる事がいかに意味のないことかがわかりますね。

 

いかがでしたでしょうか。

このように足の本来の使い方と外反母趾の治り方が理解できれば、いかに当たり前のように逆効果の事を

やってしまいがちなのかが分かったと思います。

当院では固い足と柔らかい足を適切に使い分ける「ゆるかかと歩き」専門の指導院です。

いつでもご連絡ください。

まずは測定や整体などのメニューが全て入って1480円のトライアルコースから

トライアルコース予約